• ホーム
  • 性交の経験がある人は誰もがカンジダに感染するリスクがあります!

性交の経験がある人は誰もがカンジダに感染するリスクがあります!

2019年12月26日
女性を診ている医者

カンジダ症について、性病というイメージを持つ人も多くいますが、これは性器に発症しやすいという特徴があると同時に、性交渉で感染しやすい病気だからです。カビの一種であるカンジダは、性器や膣に限らず、体の皮膚や口内、直腸など幅広い場所に棲み着いています。体の免疫力が落ちたり、カビが増殖しやすい環境が出来上がれば、たとえ性行為の経験がない人でも発症します。自己感染が原因ということも多いのですが、性行為で感染するという外的要因もあります。

カンジダは女性に限らず、持っている男性もいます。男性は感染しても自覚症状が乏しいため、感染しているとは知らずに性交を行ってしまい、パートナーに移してしまうことが考えられます。特にパートナーの免疫力が低下していたり、腟内がアルカリ性に傾いていた場合は、性交による感染のリスクは高まります。このように、成功の経験がある人は、誰でもカンジダに感染するリスクを持っているのです。

カンジダの治療期間は、2週間が目安です。治療には錠剤や膣の洗浄など行われますので、一定期間通院する必要が出てきます。症状の程度などによって治療期間が長くなったり短くなったりしますが、症状が改善されたからと自己判断せずに、医師の指示に従って治療を続けることが、ポイントです。

カンジダ症が疑われた場合、性行為を控えることが無難です。相手に感染させてしまうというリスクと同時に、行為中に痛みを伴うことがあるからです。性行為は治療が終わってからにしましょう。膣が刺激されることで症状が悪化する恐れがあります。治療を始めて4日ほど経つと症状が改善されていきます。その時にしてしまうと、再発する恐れがあります。カンジダは人から人へうつるものということを忘れずに、治療を優先させることが無難です。

治療をしたのに再発を繰り返してばかりいる原因が、実はすでに感染していたパートナーだった、というケースもあるように、カンジダの治療は自分だけではなく、相手と一緒に治療することで始めて効果が出ます。治療はパートナーと同時に受けるようにしましょう。自分は治療を済ませたけれど、感染しているパートナーと性行為を始めたら、再び感染するリスクが高まります。

治療を続けても治らない場合は、生活習慣などを見直して原因を見つけます。ピルを常用している、生理中ナプキンをこまめに取り替えていない、ストレスが溜まっているなど感染をリスクを高める要因を見つけたら、改善していきます。